3000系通勤形電車

3000系電車は1962年(昭和37年)に製造が開始された8M2T編成(10両編成時、先頭車は全てクハ)の通勤形電車で、約30年間にわたって780両が製造されました。オールステンレス車体(製造メーカーは東急車輛製造)を採用していますが、先頭車前面の上半分にブルーグリーンアイボリーホワイトサーモンピンクライトグリーンバイオレットベージュ(オレンジベージュ)・ライトブルーの7パターンがある「レインボーカラー」の強化プラスチック(更新車は強化プラスチック部分を普通鋼に変更しています。)を採用したため「ステンプラカー」と呼ばれることもあります。

製造両数が多いためクハ3000形は3000番台のほかに3500番台を名乗る車両があります。また、モハ3100形(パンタ付きM車)には3100番台の他に3300番台・3600番台・3800番台を名乗る車両があり、モハ3200形(パンタなしM車)も3200番台の他に3400番台・3700番台・3900番台を名乗る車両があります。

この3000系は1963年(昭和38年)には一年間の新造通勤車両の中で最も優秀な車両であるということで、鉄道友の会から「ローレル賞」を与えられています。後継車の8000系が登場した後の現在でも急行快速、各停(地下鉄乗り入れは出来ません。また、本線の大月―甲府と大月線・河口湖線での定期運用もありません。)で活躍しています。

最初に製造された2本では片開き扉の18m車だったのが後の車両で両開き扉の18.5m車になり、最初は主電動機出力100kWの抵抗制御で作られたのが途中から主電動機出力120kWの界磁チョッパ制御に変更され、初期車の台車はパイオニア形台車(P-703)だったのが後の車両でTS−801(TS−801B)/TS−821に変更されるなど3000系は製造途中で大きな変化がありました。また、後期車は軽量ステンレス構造となっていますが外観は初期の両開き扉車と同じです。3000系の台車として現在も使われているTS−801(TS−801B)/TS−821と3000系全車両の駆動装置である中空軸平行カルダンは7000系・6000系でも使われています。

1995年(平成7年)に更新工事が始まり、現在も進行しています。また、初期車は8000系の登場により廃車が進み一部は子会社の岳南電車名鉄系北陸鉄道(石川線・浅野川線)、長野県の松本電気鉄道(アルピコ交通)群馬県上毛電気鉄道、愛媛県の伊予鉄道に移籍しています。上の画像は3089編成(サーモンピンク)で更新工事を終えた車両です。

画像の3521編成(バイオレット)のように2003年(平成15年)以降に更新工事を施行した車両は、従来の更新内容に加え車内のバリアフリー化(車椅子スペースや着席区分のポール、車内案内表示器、日本語と英語の2ヶ国語に対応した自動放送装置、ドアチャイムの設置)や制御装置を界磁チョッパ制御からVVVFインバーター制御(東洋電機製造製IGBT)へ変更するなどの改造も行われています。

画像の3527編成(ブルーグリーン)のような2008年(平成20年)以降に更新工事を施行した車両の更新内容は基本的に上の3521編成と同じですが、VVVFインバーター制御が日立製作所製IGBTになり、着席区分のポールの形状も変更されています。

 2009年(平成21年)に更新工事を施行した3537編成では、ベージュに代わり8000系の一部で使われているオレンジベージュという塗装が採用されました。

 

上の画像は一部が残存している未更新車で、画像の車両は3533編成(ライトグリーン)です。

上の画像は1996年(平成8年)ごろの更新車の3089編成(サーモンピンク)です。この時期の3000系の前面には甲武急行マークが貼り付けられていません。

上の画像は1996年(平成8年)ごろの未更新車で、画像の車両は3067編成(ベージュ)です。

上の画像は側面の窓下に帯が入れられた直後の1990年代初頭の3000系で、画像の車両は3069編成(ライトブルー)です。3069編成は甲武急行初の通勤冷房車で、冷房装置の形状が他の車両と違います。

上の画像は1977年(昭和52年)ごろの3000系で、画像の車両は3087編成(アイボリーホワイト)の急行電車です。

上の画像は1963年(昭和38年)に登場した当時の3000系両開き扉車の3011編成(ベージュ)です。

上の画像は1992年(平成4年)ごろの3001編成(ブルーグリーン)です。この車両は現在は北陸鉄道浅野川線で活躍しています。

上の画像は1984年(昭和59年)ごろの片開き扉車の3003編成(アイボリーホワイト)です。

上の画像は、1962年(昭和37年)に登場した当時の3001編成(ブルーグリーン)です。

こちらの画像は1963年(昭和38年)ごろの3001編成(ブルーグリーン)で、鉄道友の会から「ローレル賞」を与えられたことを記念したヘッドマークが付いています。

 

   3000系の更新車の車内は上の画像のようになっています。

2003年(平成15年)以降に更新工事を施行した車両は上の画像のように車内のバリアフリー化も行われています。

2008年(平成20年)以降に更新工事を施行した車両の車内は基本的に2003年(平成15年)以降に更新工事を施行した車両と同じですが、着席区分のポールの形状などが変更されています。

3000系の未更新車の車内は上の画像のようになっています。

3000系の片開き扉車の車内は上の画像のようになっていました。

2003年(平成15年)以降に更新工事を施行した車両に設置されている車内案内表示器は上の画像のような形で、京浜急行電鉄で使われているものと似ています。

3000系の運転台は上の画像のようになっています。(画像は未更新車のものですが、更新車も同じ形の運転台です。)

 

「架空鉄道 甲武急行」は文字通り架空のものであり、現実性を持たせるために一部に実在の企業名・自治体名なども出てきていますがそれらの企業・自治体などとは全く関係はありませんこのサイトの記載内容について実在の企業・自治体などに問い合わせないようお願いします。

 

→ 戻る